森には太陽光電もエコカもありません。
しかし無の生命が息づき、いつも持ちをリフレッシュしてくれます。山肌を覆う下草、その下には枯葉のジュタン、枯葉にれる虫たち、さらにその下の土にはえきれないバクテリア1000年の老木もあれば、昨日生まれたばかりの葉もある。年中の照葉樹があれば、秋には美しい紅葉を見せ、冬には衣をぎ捨てる落葉樹もある。多な生物が自分の個性を活かしてすみ分けることで、バランスの取れた心地よい空間を作っています。

都市を森と同じように生命力あふれた空間にすることはできないか?
文字どおり、生物多性にするには植物を植える必要があります。ヤマボウシ1本を植えると、春の花に誘われて蝶がやってきます。樹液を吸うアブラムシもいれば、天敵のテントウムシも。赤いを狙って鳥がやってきて、秋に美しい紅葉を見せた後には、落ち葉はバクテリアの住まいとなり、冬の間に枯葉を分解して春の芽生えの養分を作ります。生命の循環は植物に限らず、社の中にも必要です。

ヤマボウシのようにたくさんの役割を果たすグリンシステムを、都市の中に考えることができます。屋上に畑があれば、新鮮で安全な野菜を日食べることができるだけでなく、野菜を運ぶ輸送距離は0、屋根の度は下がり室が涼しくなるため冷房が必要になくなり、石油を使わなくてすみます。その上防火果、都市洪水も防ぐことができます。しかし一番の穫は、家族で畑をすることで育てるしみを分かち合い、家族の絆が深まることです。

このように自然の力を活用した暮し方とは、1つの行様々なこととつながり、影響し合い、良循環を起こす暮らし方です。私たちはこの自然のを都市の暮らしに活かすことを学び合い、そのシステムがサスティナブルでワクワクすることを理解し、周りの人にえ、エコロジの輪をげていくグルです。